iMacでWeb用画像を作る話

最近iMacで画像を
1)ソネットブログ
2)自宅サーバーのWordPress
へアップロードしています。
手順は、
・RAW形式からソニーのEditで解像度そのまま現像出力
・OS標準のプレビューで横幅1280pxへ変更
しているわけですが、これだと横幅1280pxの画像サイズが1MB前後になっているのに気づきました。
これじゃーいかんということで方法を探してみましたが、
ソニーのEditで現像出力するときの品質を
品質3で535kB
品質4で500kB
まで小さくできました。

でもこれでもまだ不満です。

次にプレビューで開き、ファイル→書き出す で品質のスライダーをいじりながら、200kB以下を目指してみます。
スライダーを右から2つ目の印のところで、ファイルサイズは194kB、これでやってみましょう。
実際には196kBになりました。プレビューで開きオリジナルのRAW形式ファイルと比べると、4K iMacのディスプレイで見ても、差はほとんどわかりません。
今度は一手間かけて画像を作成しましょー。
ソネットブログも画像ファイルは1MB制限がありますし、自宅サーバーは制限はないものの、やはり将来HDDを圧迫してくると思います。(自宅サーバーはHDD容量1TBで/homeは、使用量1%ですが。)

参考に
現像出力圧縮レベル4の画像と、プレビューで品質を下げた画像を上げておきますので、ご覧くださいませ。

こちらがEdit現像出力圧縮レベル4、ファイルサイズ500kB、クリックすると大きく表示されます。

こちらがプレビュー書き出しで品質操作したもの、ファイルサイズは200kB。

アマゾン Apple iMac (21.5インチ, 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5)