CentOS7 php7.3がインストールできなかった【解決】

二ヶ月ほど悩んでいましたが、解決しました。

解決した方法は、PHP7.2のレポジトリファイルに書かれているpriority=1の行をPHP7.3の方へ移動、7.2にはpriorityの行は無い状態にし、
yum info で7.3が表示されるようになり、無事にインストールできました。
やれば簡単にできたのに、そこを気づくまで時間がかかってしまいました。

レポジトリファイル(ファイル名:remi-php73.repo)の先頭は
[remi-php73] priority=1
name=Remi’s PHP 7.3 RPM repository for Enterprise Linux 7 – $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php73/$basearch/
#mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php73/httpsmirror
mirrorlist=http://cdn.remirepo.net/enterprise/7/php73/mirror
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

となっています。
7.3がインストールできたから7.2のレポジトリファイルはもう要らないでしょうね。

ちなみにヒントは、会社で動かしているCentOS7サーバーのファイルを見て、違うなーって気づいたのですが。
(汗)

アマゾン CentOS7システム管理ガイドsystemd/NetworkManager/Firewalld徹底攻略 (日本語) 単行本